工作機械とは何か

工作機械の起源は古代エジプトと言われるほど古くからあります。
しかし、人間が直接的に消費する消費財を生産するために作られた工作機械は、窯から出てくる水蒸気の膨張や凝縮の動力を利用した蒸気機関や、紡績で使われる機械の紡績機械を製造する必要性があるため、イギリスが発明しました。
1770年代に発明されてから、18世紀末以降には、欧米各国で工作機械が発表されるようになりました。
工作機械の旋盤から始まると言われています。
有名なレオナルド・ダ・ダビンチの数多くのスケッチの中で1500年頃のスケッチには、旋盤や中ぐり盤などのアイデアが多く示されていたそうです。
しかし、アイデアが多くあったのにもかかわらず、二世紀以上も製造工場で活かす事ができなかったみたいです。
そのため、近年に見る工作機械は、19世紀後半までには基礎が作られていた事になります。
精度よく加工したり、長い修練を積んだ熟練者、ノウハウを体得した人が不可欠だったのです。
しかし、近年の工作機械は、同一部品の大量生産や、NC工作機械で異種品大量生産も可能になった事で、機会性能が技術を、ある程度足りない点を補う役割にもなっている。
工作機械の性能の向上に伴い、従来の工作機械よりも、加工の精密さの度合いや、スピードの速さなどの期待がよせられています。
しかし、機会の操作をする人の安全面や、環境への影響、省エネルギーなどにも配慮された機械作りも一番の重要性なのではないでしょうか。

製造や加工に使われる機械の歴史

工作機械とは、金属や木材などの加工を、工具をつけて切ったり、削ったり、穴をあけたり、磨いたりする機械です。 工作機械には様々な種類があり、工具も多様にあります。 主な工作機械では、旋盤・ボール盤などがありますが、近年ではNC加工で数値制御を行い、機械加工を自動化した工作機械が主流になっています。

複合加工機の特長とは何か

複合加工機とは、NC旋盤の数値制御をもとにあらゆる手順や、刃物の使いわけ、自動加工を行う特徴と、マシニングセンタの自動交換機能や、切削加工の両方が併せ持つ工作機械です。 NC旋盤にはないATC(自動交換機能)はマシニングセンタにありますが、二台を用意する必要がなく一台で必要な工程を行う事ができます。

複合加工機のメリットとは何か

従来では、役割ごとに分けられた工程や機械によって製品を作っていました。 しかし、複合加工機を導入する事で得られるメリットは、工程の速さです。 素材によって行っていた、工程や準備などが大幅に削減できる事です。 また、人がいなくても、長時間の自動運転で人件費や、電気代などのコストも削減になります。

おすすめリンク

細胞分離の新しい技術

細胞分離を行う技術について、新しい方法をご説明します。技術は日々進化していきます!

日本ロール製造が掲げる企業理念

技術の蓄積を長く続けてきた日本ロール製造の企業理念とは何か、その背景に迫ってみました。

日本ロール製造が取り扱う商品

人々の生活に役立つ商品を製造しています。日本ロール製造ではどんな商品があるのかご紹介!

鍵が開かない!トラブル解決のおススメ店

鍵の複製からトラブル解決まで、すべてを担うおススメの鍵取り扱いのある会社をまとめました。

トップへもどる